大事な木造住宅を守るためにチェックするポイント

>

いざという時に命を守ってくれる家にする

外壁がひび割れたりしていないか

外壁の塗装がひび割れたりしていないかどうかをチェックし、定期的に塗り替えておくことが大切です。
ひび割れの症状の他にも、チョーキング現象と言ってチョークの粉のようなものが手につくようになったら劣化が進んでいる証拠なので塗り替える時期だと言えるでしょう。
このような状態を放置しつづけると、劣化した隙間から雨水が沁み込んでいって木部や断熱材を腐らせてしまうのです。

木造住宅の支えとなる部分に腐敗が進んでしまうと、地震の衝撃で倒壊してしまうかもしれません。

このように外壁の汚れをはじめとする、外側から見てとれるような劣化なら住人の目でチェックしやすいと思いますので、そのままにするのではなくリフォーム業者などに相談するようにしてください。

屋根の状態も考えておこう

太陽の強い紫外線や風雨にさらされることになる屋根の劣化はさらに急速に進行していくことになります。
足場を組んで塗り直していくことを考えたら、外壁と屋根の塗り替えは同時に行っておいた方が得策でしょう。
と、いうのは塗料を塗って施工していくような軽い屋根素材を用いている場合の話で、屋根を塗り替えておく理由は外壁の場合とほぼ同じ、木造住宅内部のカビや腐敗を防ぐためです。

最近はだいぶ少なくなってきましたが、昔ながらの瓦屋根の木造住宅は塗り替える必要はないものの地震の際には重みのある上部を大きく振られるような状態になってしまう為、倒壊の恐れが大きいと言われています。
瓦屋根は断熱性や遮音性に優れているというメリットがありますから、この特性を活かしつつ軽量化を実現した瓦の開発も進んでいます。
この機会に屋根の素材を見直すことも必要かもしれません。


この記事をシェアする