大事な木造住宅を守るためにチェックするポイント

>

地震に強い木造住宅にするために

木造住宅の構造をチェックする

たとえばトイレのように四方から壁に囲まれている小さな空間は地震に強いという話を聞いたことはありませんか?
家の中にバランスよく壁を配置して二階部分や屋根を支えることが、木造住宅の強度を高めて倒壊を防ぐことにつながると言われています。

限られた広さの土地の中に開放感あふれる広々とした住宅を建築しようと思ったら、吹き抜けやリビングなどの空間を大きめにとったデザインにすることが多く、構造が不安定となってしまうことも考えられます。
地震の多い日本で木造住宅の倒壊を防ぐためには、デザインや機能を重視するよりも揺れに強い構造となるように考えていかなければなりません。

増改築を考えている場合にもできるだけ壁の数を減らさずに、力を分散させていけるように均等に配置できるようにするといいでしょう。

建築上の要件を満たしているか

建築基準法によって耐震基準というものが定められているのをご存知ですか?
それは大地震が発生するたびにその教訓をふまえて改正され、現在の新耐震基準と呼ばれるものへと変化してきました。
木造住宅の建築確認が下りた年月日を見れば、その時点での耐震基準を知ることができ建物の耐震性についておおよその検討がつくでしょう。

現行の耐震基準では壁を作ることが重要だと訴えていますが、それはただ壁を増やせばいいと言っている訳ではありません。
柱の間に筋交いなどを入れて補強した耐力壁と呼ばれるものを既定の枚数以上使用するということを義務付けているのです。

建築前に図面を見る時はもちろん、着工してからもこうした基準をきちんとクリアできているのかきちんとチェックしていくことが大切です。


この記事をシェアする