大事な木造住宅を守るためにチェックするポイント

>

見えないところで進行する被害を防ぐ

シロアリの被害が出るのはいつ頃から?

おそらく新しく木造住宅を建てた時には、シロアリ対策として薬剤を散布する予防工事が行われていると思います。
それならシロアリに対する策を講じなくても当分は大丈夫!と過信している方もいらっしゃるようですが、シロアリは私たちの目に見えないところで活動していると思った方がよさそうです。

薬剤の予防効果は約5年であると言われていますから、新築時に予防工事を行っていたとしても5年を過ぎた頃からは次の薬剤散布を検討するか、とりあえずシロアリの専門家によって床下のチェックをしてもらった方がいいでしょう。

もともとシロアリ予防の薬剤は必要悪と考えられていて決して体にいいものとは言えないようでしたが、最近では人体やペットにも害のないような薬剤も開発されているそうです。
薬剤散布を敬遠せずに、前回はいつ行ったのかをチェックしておきましょう。

定期的な点検作業の必要性

塗装のように視覚的な効果を感じられないということから、つい忘れてしまうのがシロアリの対策です。
床下の点検は素人には難しいと思われますので専門の業者に依頼することになるでしょうから、費用のことを考えればなおさらです。

そのまま放置しておくと気がついた時には事態が深刻な状況にまで発展してしまい、大がかりなリフォームや最悪の場合は建て替えを余儀なくされてしまうかもしれません。
5年を目安とする間隔でシロアリのチェックをして早めに対処していけば、木造住宅の寿命を延ばすことができるということになります。

もしも中古の木造住宅の購入を考えているのだとしたら、シロアリの予防工事の状況をチェックしておく必要がありそうです。
築年数によっては薬剤の効果が切れている場合もありますので、注意しましょう。


この記事をシェアする